スムーズに移籍するために心得ておきたいマナーやルール | 大阪「熟女家」の風俗求人サイトです。

大阪熟女風俗求人サポートセンター「熟女家」


移籍を検討中の方へ ~スムーズに移籍するためのルールとは
イメージ

スムーズに移籍するために心得ておきたいマナーやルール



待遇が悪い、客質が悪い、待機時間が長い、お客の数が少なくて稼げないなどの不満をお持ちの方や、もっともっと高収入を得たいなど高みを目指す方も、他店への移籍を検討している場合、どのように辞めればスムーズに移籍ができるか考えたことがありますか。
引き止められないように知らないうちにフェードアウトしようと考えている方や、辞めようとすると脅迫されるかもと変な不安を抱いている方も、スムーズに移籍するためのコツをご伝授させていただきます。





長期欠勤したままや無断で辞めないマナーや礼儀

最近の若い方は一般企業においても嫌なことがあったり、仕事が合わないと無断欠勤して連絡がつかなくなったり、退職届も出さず、上司や先輩へのメールや電話1本で退職しようとする方が増えています。

風俗の世界では知らないうちに他のお店で働いていることを飛ぶなどと呼んでいますが、褒められた行為ではありません。

どんな業界でも、どんなに嫌な職場であったとしても、やはり礼儀やマナーが求められます。

長期欠勤したままや無断で辞めず、きちんと辞める旨を告げて円満退店するのが基本ルールです。



違うスタイルのお店に移籍する

どのお店でも売れっ子は手放したくないですし、人手不足のお店では辞めてもらいたくないと引き止め工作に走るお店もあります。

辞めにくいお店でもスムーズに移籍を叶えるコツとしては、これまでとは別のスタイルのお店に移籍することです。

同じ業態のライバル店に売れっ子が移籍されたり、引き抜きされたと思えば、辞められるお店も面白くありません。

そのため、退店を拒否したり、移籍後に妨害的な行為がされる虞もあります。

ですが、全くのジャンル違いなら諦めやすく、退店拒否や妨害行為のリスクも減ります。



お客さんを連れて行かず新規顧客で頑張る意欲とやる気を

飛んだり、ライバル店への移籍が嫌がられ、退店拒否や妨害行為に走るお店があるのは辞める女性にも原因がある場合も少なくありません。

ひいきのお客さんを新しいお店に連れていくケースが少なくないからです。

新しいお店では心機一転、新たにスタートさせるのが礼儀で、お客さんを連れ去ったりせず、新しい環境で正々堂々と勝負しましょう。

新規顧客を獲得するためのエネルギーはいりますが、そのための意欲とやる気があれば、お店も気持ちよく送り出してくれ、移籍する店でも喜んで迎え入れてくれます。



まとめ

スムーズに移籍をしたいなら、知らないうちに飛ぶのではなく、円満退店してからにしましょう。

長期欠勤したままフェードアウトしたり、無断で辞めるのは基本的にマナー違反です。

ライバル店に売れっ子が移籍したり、人材を持っていかれるのは嫌がるお店も多いですが、違うスタイルのお店に移籍する場合には退店拒否や移籍後の妨害行為のリスクも抑えられます。

女性側のマナーとして、お客さんを連れて行かず新規顧客で頑張る意欲とやる気を持ちましょう。



<<前のページに戻る



性病検査をお店で受けられます 日本風俗女子サポート協会 プチ出稼ぎ・短期出稼ぎ・長期出稼ぎどれでも歓迎 熟女家のお仕事を1日体験していただけます!