リピート客をつかむ熟女のテクニックをマスターしよう | 大阪「熟女家」の風俗求人サイトです。

大阪熟女風俗求人サポートセンター「熟女家」

稼いでいる風俗嬢のテクニックを学ぼう


リピート客をつかむ熟女のテクニックをマスターしよう
イメージ

リピート客をつかむ熟女のテクニックをマスターしよう



風俗嬢として売り上げを伸ばし、満足のいく収入を継続的に得ていくためにはリピート客の増加や新規顧客から選ばれるために評判を上げていくことが大切になってきます。
若さやピチピチの体がなくても、顧客の心理を掴み惹きつけて離さないテクニックがあれば熟女であっても、リピート客をつけてどんどん稼いでいくことができます。
そのためにはどんなテクニックを身につければいいのか、稼いでいる風俗嬢のテクニックを学んでいきましょう。





距離を縮めて特別感を出す

お客さんに「また会いたい」と思ってもらえるテクニックは、体でのおもてなしなど難しいテクニックばかりではありません。

ちょっとした気遣いや他の風俗嬢と差をつけるだけで、お客さんがついてきます。

非日常の時間や癒しを求めて利用するお客さんが多いので、お客さんとの距離を縮めて特別感を出してあげると喜ばれます。

たとえば、「お客さん」とか「お兄さん」などと呼ぶのではなく、「〇〇さん」とお客さんの下の名前や希望する名称で親しみを込めて接客しましょう。



男心を把握する

お客さんに「また会いたい」と思わせるには、積極的にサービスやおもてなしをするだけでなく、男性が喜ぶことをさりげなく行うことが実は重要なカギを握っています。
男性はプライドが高い生き物であり、仕事場や家庭で孤独を感じていることや、強がってストレスをためているケースが少なくありません。
話を聞いてあげるだけでも自分のことを分かってくれる、気遣ってくれると喜ばれるので、風俗嬢がどんどん話しかけるのではなく、時にはじっくり話を聞いてあげ、途中で相手の話を遮らないことも大切です。



2回目や久しぶりの来店がカギを握る

また来たい、ずっと指名したいと思わせるには1回目の利用だけでなく、実は2回目久しぶりの利用の際が大きな差をつけることがあります。
あなたのことをせっかく気に入ってリピートしてくれたのに「初めまして。」と言ってしまった場合や、「なんていうお名前でしたっけ?」と覚えていないのでは、お客さまはショックを受け、プライドも傷つけられます。
逆に名前や顔をしっかり覚えているのはもちろん、話した内容まで記憶していれば、自分に高い関心があるのだと喜んでくれますので、お客さんの情報はメモなどにきちんと記録しておくといいでしょう。



まとめ

お客さんにまた会いたいと思わせるテクニックは、体によるおもてなしなど高度なものとは限らず、実は名前で親しみを込めて呼ぶ、お客さんの話をじっくり聞いてあげる、顔や名前、話したことまでよく覚えているなど、男性が喜ぶことをシンプルにしてあげることでリピート客がつくものです。
お客さん一人一人に関心をもち、その日のお客さんの特徴や会話を記録しておけば、次回に役立ち、リピート客を得るキッカケづくりになります。



<<前のページに戻る



講習セミナーについて 性病検査をお店で受けられます 熟女家はコンプライアンス(法令遵守)に則った店舗運営をしています。 日本風俗女子サポート協会 プチ出稼ぎ・短期出稼ぎ・長期出稼ぎどれでも歓迎 熟女家のお仕事を1日体験していただけます!