マイナンバー対策もバッチリで安心の大阪の熟女風俗求人 | 大阪「熟女家」の風俗求人サイトです。

大阪熟女風俗求人サポートセンター「熟女家」

マイナンバー制度で気を付ける事は?


マイナンバー対策もバッチリで安心の大阪の熟女風俗求人
イメージ

マイナンバー対策もバッチリで安心の大阪の熟女風俗求人



マイナンバー制度が導入され、収入の受取や貯蓄などと税金や社会保険料の支払いが1人1つの番号で紐づけられることになりました。
これにより、風俗で仕事をした際の税金の支払いが不安になる方や、紐づけられることで家族に仕事をしているのがバレる場合や、勤務先に副業していることがバレるのではと不安になっている方も多いかと存じます。
40代、50代の主婦の方が働きやすい熟女家ではマイナンバー対策も安心ですので、心配せずに働いていただけます。





マイナンバー対策の必要性が議論されている理由

風俗のお仕事をされる女性の中にはご主人や同居する義理のご両親やご自身の身内に知られずに内緒で働きたい方や、会社勤めなどの本業にプラスして内緒で働いており、副業禁止の就業規則がある勤務先に知られるとマズイという方が少なくありません。

この点、マイナンバー制度の導入により、勤務先にマイナンバーを知らせる必要が生じ、副業先と同じナンバーを使うことでバレるのではないかと考える場合や、ご主人の扶養控除等申告書には奥様のナンバーも記されるため、紐づけられてしまいバレるのではと不安が高まっています。



自分のペースで気軽に働けるワークスタイルこそ対策のカギ

この点、熟女家をはじめ一般的な風俗店では従業員としてお給料を払うのではなく、風俗嬢は一人一人が個人事業主の位置づけで報酬を支払います。

報酬の支払いについては税制度上、支払調書の提出が義務付けられており、バー、キャバレー等のホステス等の報酬については年間の支払金額の合計額が50万円を超える場合に提出することになっています。

支払調書には熟女家ではなく、企業名を記載しますのでバレも防げます。

支払調書にはマイナンバーが記載されますが、もし、年間50万円を超えなければ提出すらしません。

たとえば、主婦業や仕事の合間に月に1回や2回ほど働いて1月4万円稼いでも、年間では48万円ですのでマイナンバーが税務署に報告される心配がありません。



家族や職場にバレない熟女家でのマイナンバー対策

熟女家では月に1回や気の向いた時だけ気軽におこづかい稼ぎができますので、どうしてもマイナンバーを提出したくない方も安心して働けます。

また、たくさん稼ぎたいという方も、そもそも一定の収入が生じたら確定申告の必要があるため、税金の支払いが発生することや、住民税が増えて職場にバレるかもといった心配はマイナンバー制度導入以前からあったお話です。

報酬の支払いは即日現金払いなので、預金通帳などにお店の名前が記録される心配はありません。

熟女家では初めてご自身で確定申告をされる主婦の方にも、分かりやすいアドバイスや税理士のご紹介などもさせていただけるので安心して働けます。



まとめ

マイナンバー制度の導入でご家族や職場に仕事をしているのがバレると不安になっている方が多いですが、収入の増加による税金問題はマイナンバー制度導入以前からの問題であって、特別事情が変わるわけではありません。

熟女家では支払調書の提出がない範囲で働きたい時だけ気軽に働くこともできますし、店名ではなく企業名での調書提出になるのでバレにくい体制が整っています。

報酬は即日現金払いなので、通帳などに振込先として記録される心配もありません。



<<前のページに戻る



講習セミナーについて 性病検査をお店で受けられます 熟女家はコンプライアンス(法令遵守)に則った店舗運営をしています。 日本風俗女子サポート協会 プチ出稼ぎ・短期出稼ぎ・長期出稼ぎどれでも歓迎 熟女家のお仕事を1日体験していただけます!