身バレ対策を考えて風俗求人に応募 | 大阪「熟女家」の風俗求人サイトです。

大阪熟女風俗求人サポートセンター「熟女家」

風俗で働くのことの身バレ対策

お役立ちコラム 身バレ対策を考えて風俗求人に応募

デリヘルアルバイトは高収入のチャンスがありますが、知り合いにバレたくないもの。

そのため、少しでも身バレを防ぐためにデリヘル側もさまざまな身バレ対策を行っています。

安心して働くのであれば、身バレ対策の整った風俗求人に応募しましょう。

また、デリヘル側に頼るだけでなく自分から出来る身バレ対策もありますので、それを知った上で
働くことをおすすめします。


デリヘルは風俗の中でもバレにくいジャンル

日本にはさまざまなジャンルの風俗店が存在しますが、デリヘルは最も勢いがあるジャンルと言えるでしょう。男性にとって、自分から足を運ぶ必要がないというメリットもあり、店舗型の風俗よりも派遣型の風俗店が増え続けているのですが、働く女性にも派遣型風俗のメリットはあるのです。それは、“身バレしにくい”という点です。

デリヘルとは無店舗型ヘルスであるため、お客さんは基本的にホームページのプロフィールを見て指名をしています。ホームページのプロフィールには写真も掲載されていますが、そこにモザイクをかけることが出来るのです。しかし、店舗型ヘルスやソープランドであれば、お客さんは受付で女性の写真を見て指名出来ます。こういった写真はモザイクがありませんので、そこからバレてしまうこともあるのです。

また、デリヘルのホームページにはプロフィールも掲載されていますが、血液型や出身地などの情報を変えることが出来るのです。これは風俗の世界で暗黙の了解ですので、変えている人は結構な数で存在します。そのため、モザイクの写真とプロフィールだけの情報では、本人を特定することは出来ないでしょう。身バレの心配があるのであれば、デリヘルがおすすめだと言えます。



アリバイ会社があると安心出来る

デリヘルによってはアリバイ会社を利用している場合もあります。アリバイ会社とは、一般の企業で働いているアリバイを作ってくれる会社で、本物のような名刺を作ってくれるのです。アリバイ会社の作る名刺には電話番号やメールアドレスも記載されており、見ただけでは本当の企業に務めているように思えるでしょう。

それでは、その電話番号やメールアドレスに連絡された場合に、どうなるのか気になることでしょう。名刺の電話番号に連絡があると、アリバイ会社のスタッフが「本人は現在席を外しているため、後ほど連絡いたします」と対応してくれるのです。また、メールアドレスも実際に機能しているため、自分の携帯電話に転送してもらえます。

また、アリバイ会社は給与明細や源泉徴収票なども発行してくれます。しかし、これらはあくまでダミーですので、知り合いや家族に見せる時だけに使用しましょう。また、実際の書類ではありませんので、賃貸物件の契約やクレジットカードの契約には使えません。これらの契約で使ってしまうと罪に問われることもありますので、絶対に止めましょう。



知り合いのいないエリアで働くこと

デリヘルは身バレのリスクが少ないジャンルとされていますが、知り合いから指名される可能性はゼロではありません。そのため、少しでもその可能性を下げるのであれば、知り合いのいないエリアで働きましょう。自宅の近くのデリヘルは知り合いに会うリスクが高くなるため、自宅から離れたエリアを選ぶことをおすすめします。

また、デリヘルによってはお客さんの自宅へ行ってサービスを行なうこともあります。そこで、知り合いの自宅へ行く可能性もあるのです。そのため、知り合いが多く住んでいるエリアへの派遣をNG指定することが出来ます。

デリヘル側としても女性に少しでも働きやすい環境を提供したいと考えているため、スタッフに相談すれば応じてもらえるでしょう。



お店のブログやツイッターに注意すること

近年はデリヘルで働く女性も、プロモーションとしてブログやツイッターをする時代となりました。これによって指名がアップするため始めたくなるものですが、そこには注意が必要です。ブログやツイッターにアップした写真から身バレをしてしまう可能性もあるのです。

「顔を出さなければ大丈夫だろう」と考えがちですが、写真には多くの個人情報が含まれています。特に自宅近くの写真をアップしてしまうと、そこから自宅の場所が特定されることもあるのです。また、自宅に置かれている物写り込んでそこから個人が特定されることもあります。そのほかに、お気に入りのお店の写真をアップすることで、行動範囲も知られてしまうのです。そのため、個人が特定されないような内容にしましょう。

身バレをすることも危険ですが、場合によってはストーカーに発展することもあるのです。そのため、プライバシーについて考えながらブログやツイッターを更新しましょう。自らが身バレ対策をすることも大切です。



まとめ

風俗にはさまざまなジャンルがありますが、デリヘルであればお客さんはモザイク無しの写真を見ることが出来ないため、身バレのリスクが少ないのです。よりリスクを下げるのであればアリバイ会社のあるデリヘルが良いでしょう。
また、NGエリアの指定、ブログやツイッターで個人情報を漏らさないなど、自分で出来る身バレ対策もあります。


<<前のページに戻る

大阪市内から電車でたったの13分!堺東店コンパニオン大募集 熟女家のお仕事を1日体験していただけます!