風俗求人に応募するまでの心構え | 大阪「熟女家」の風俗求人サイトです。

大阪熟女風俗求人サポートセンター「熟女家」

お店選びのポイントについて

お役立ちコラム 風俗求人に応募するまでの心構え

一般のお仕事ならば、ある程度の仕事内容は分かるかもしれませんが、デリヘルのような夜のお仕事に関して、仕事内容がよくわからないという女性の方は多いのではないでしょうか。

そのため、いくら高収入だったとしても、風俗求人に対して不安を持っている方もいるかもしれません。

それでは、こちらのページで、風俗求人に応募する準備として、デリヘルのサービス内容について知っておきましょう。

また、入店祝い金や最低日給保証など、風俗求人ならではのシステムもありますので、これらについても解説していきましょう。


サービス内容はどうやって覚える?

女性の方で風俗店の知識を持っているという方は少ないでしょうから、デリヘルと他の業種の区別がつかないという方もいるかもしれません。しかし、ピンサロやソープランドとデリヘルではサービス内容が少し異なります。

デリヘルでは、キスやフェラチオなど、その他のお店でも行われているスタンダードなプレイに加えて「素股」という独自のサービスが存在します。これは自分とお客さんの性器をこすり合わせるもので、ヘルスだけで行われています。あまり普段のプレイでやるものでもありませんので、多くのデリヘルでは素股を教えるための講習を用意しています。

ただ、なかには「スタッフをお客さん相手にして講習をしたくない」と感じる方も多いため、スタッフが講習を行なうデリヘルは減少しています。その場合はDVDによる講習を行っています。どうしても気になる方は面接の段階で確認をしておきましょう。

また、店舗型ヘルスとデリヘルはサービスを行なう場所が違うだけで、サービス内容そのものは同じです。そのため、店舗型ヘルスで働いた経験のある女性であれば、スムーズにデリヘルで働けるでしょう。



未経験で不安のある女性は体験入店がおすすめ

多くのデリヘルではマニュアルを使って講習を行なうため、誰もがスムーズに仕事を覚えることができます。さらに、初めての女性は最初の接客のときにスタッフが同行してくれる場合もあるため、不安無く始めることが出来るでしょう。

ただ、新しいお仕事を始める際に、長い間続けられるかどうか気になるものです。実際に働いてみないとわからないと考える方も少なくありません。そういった女性のために、多くのデリヘルでは体験入店というシステムを導入しています。体験入店とはその名の通り、お試しで入店をするシステムです。実際にお客さんの相手をしてサービスを行い、その時点で続けられると感じたら実際に入店をしていただきます。もちろん、接客を行なうので本入店と同様の給料を貰うことができます。

体験入店後に入店するかどうかは、サービス内容だけで判断してはいけません。スタッフの人柄、お店の待遇、ほかの女性との相性、待機部屋の雰囲気などから、総合的に判断して決めましょう。もちろん、イマイチだと思ったらはっきりと入店を断ることもできます。断り切れないで入店したところで、すぐに辞めてしまっては、自分だけでなくお店にもマイナスになってしまいます。きちんと要望を伝えるようにしましょう。



入店祝い金のシステムはお店によって異なる

風俗求人をチェックしていると、「今なら入店祝い金○万円支給」といったうたい文句の求人を目にしますが、この「入店祝い金」とはどういったシステムなのでしょうか。

入店祝い金とは体験入店を経て本入店を決めた女性に支払われるボーナスです。しかし、いくら入店祝い金が魅力的だったとしても、いきなり本入店を決めてはいけません。入店祝い金は全員が受け取れるものでは無いのです。

入店祝い金を受け取るにはデリヘルの設けた条件をクリアする必要があります。条件はデリヘルによって異なりますが、多くの場合は一定の日数出勤することで入店祝い金が受け取れるのです。また、一括で支払われるのではなく1週間毎に分割で支払われることもあります。そのため、入店祝い金を目的にしている女性は、必ず面接で条件を確認しましょう。



最低日給保証のシステムについて知っておく

入店祝い金と同様に、「最低日給○万円保証します」と記載された風俗求人も目にしますが、これはどういったシステムなのでしょうか。最低日給保証とは仮にお客さんが付かなかったとしても、日給を保証してくれるシステムです。デリヘルだけでなく風俗店は歩合制となっているため、本来ならばお客さんが付かなかったら給料がありません。しかし、最低日給保証のあるお店であれば、このようにお店の繁盛によって給料が無くなってしまう心配が無いのです。

もちろん、最低日給保証も入店祝い金と同様に、受け取るための条件をクリアしなければなりません。1日に一定の時間出勤が必要な場合や、風俗雑誌や風俗サイトに顔出しすることが条件になっている場合など、デリヘルによって条件が決まっています。こちらも面接で確認が必要な事項でしょう。



まとめ

このようにデリヘルは、その他のサービスと少々違った内容のプレイをするものですが、講習・マニュアルがあるため、だれでもマスターできます。それでも不安だという場合は、体験入店を検討してみてください。その際には、入店祝い金や最低日給保証といった待遇にも注目して探してみると良いでしょう。


<<前のページに戻る

大阪市内から電車でたったの13分!堺東店コンパニオン大募集 熟女家のお仕事を1日体験していただけます!