熟女のセックスレスと風俗 | 大阪「熟女家」の風俗求人サイトです。

大阪熟女風俗求人サポートセンター「熟女家」

お役立ちコラム 熟女のセックスレスと風俗

すっかり定番になった熟女風俗




ほんの20年ほど前までは、風俗といえば若い子で、
30代・40代といえば、若い頃から風俗業界にどっぷり浸かり、この道で生きていくと
腹をくくっている人が殆どでしたが、最近の熟女風俗は、
いままでずっと専業だったけど30代で風俗デビューしてみた!
という方や40代なかばにしてはじめてAVに出てみたりなど
熟年を迎えてから性産業に足を踏み入れる方も最近は多いようです。
その裏にはどんな背景があるんでしょうか?

その要因の一つに熟年夫婦のセックスレスというキーワードが浮かび上がってきました。

熟女風俗で働く人の正体

大前提として、熟女風俗で働いている人はいったいどんな人達なんでしょうか?
昔から風俗をしている方と、熟女として成熟してから風俗デビューを迎える人が
いらっしゃるのは前述の通りです。

お金が必要、生活に困っていてお金が欲しいから風俗で働く!といった方は
このご時世、とても多いのですが…。

熟女風俗ではそれと同じぐらい、女性としての自分を保ちたい、
昔のように返り咲いて男性から女性として必要とされたい!
といった願望を持ち働きたいとおっしゃられる女性が一定数いらっしゃいます。
夫が何年も触れてこない…女性としての自分は消えてしまったのではないか…。
そんな悩みをもっている熟女のなんと多いことか。




ひとえに性欲と言いますが、女性の場合、直接的な肉体的接触はもとより、
精神的なふれあいを大事にしたい、といった意味合いのほうが大きいように
思います。
一緒にくっついて寝たり、手をつなぐだけでも充分なんですが、
疲れてるからなんて理由でないがしろにされたりすると、とても悲しいですよね。
見に覚えの有る男性は是非あらためてほしいところです。

30代・40代の女性がこういった願望を持て余し、風俗で働くのも、
無理がないのかもしれません。



こういった方たちは、寂しさのレベルがリミッターを越えた時、
不倫…、なんていう選択をしてしまう事も。
しかしお互いが家庭がある身だと、バレたときに自分たちだけではなく、
周囲への影響も甚大です。
まだ風俗で働くほうが、仕事としてけじめがつくのかもしれません。
円満な家庭を継続したいのであれば、風俗で働くことを旦那さんやご家族には
内緒にして墓場まで持っていくほうが良さそうなのは大前提として、
どうしてそんな女性が最近急増しているのか?
その謎に迫りたいと思います。

日本の夫婦の約半数がセックスレス?!

実際のご家庭内ではどうなっているのでしょうか。
とある統計ではなんと日本で生活する夫婦の約半数がセックスレスだという
結果も出ているようです。
バブルを生き抜いてきた団塊や団塊ジュニアのギラギラ世代あたりの方には、
にわかに信じがたい数字かもしれません。


セックスレスについて言及する際に避けて通れない話として男女の性欲の違いがあります。
一般的に女性は20代後半から性欲が増すのに対して男性は20歳前後をピークに
徐々に少なくなっていくと言われています。
女性は出産に適応した年齢があるので、本能的に子孫を残すように出来ている
せいだとは思いますが、お互いの盛り上がる時期が噛み合わないというのも
なかなか切ない話です。

また、きっかけとしてよく挙げられるのが、女性の家庭内での役割の切り替わりです。
妊娠・出産を期に女性から母に…。夫からも妻から次第に
「お母さん」として見られるようになり、性生活から遠のいてしまうといった
話は相談としてよく寄せられます。



長引く不況と家計を支える女性の力

バブル崩壊以降、ギリギリカツカツで生活している方たちも多いと思います。
旦那さんの収入だと申し訳ないけど生活が成り立たないといった方も…
奥さんが一般的なパートで補填できる程度の不足であれば問題ないのですが、
子どもの進学であったり急な病気であったりと大幅に貯蓄の計画が狂ってしまうことも
長い人生、何度も直面することもあったりするのがこの不況下です。



悲しいことに経済苦で自殺にまで追い込まれる方もいらっしゃいますが、
そこまで行かなくてもニッチもサッチも行かない状況に陥る可能性は
誰にでもどこにでも有るわけです。その中で女性はこれから、これまで以上に
社会への進出を迫られる時代になっていくことは想像に固くありません。

高度成長期が終わり現在に至るまで、世間では男女平等が叫ばれ、女性の
社会進出は目覚ましいものがあります。
男性だけでなく女性も仕事から帰ってきて、食事などを済ませたあと疲れて寝てしまい、
そんな雰囲気なんてならない…なんて方も。

男性とともに身を粉にして働くのも尊ばれるべきことと思いますが、
忙しく働くうち、ふと立ち止まったときに、自分の女性としての
立ち位置を見失ってしまうこともあるかもしれません。

そんなときに女性としての自分の輝きを取り戻す手段の選択として、風俗は
「アリ」なのではないでしょうか。

最後に

風俗、というとお金が困ったときに
最後の手段と考える方も少なくは無いですが、
昨今のキャバクラ・ヘルス・AVなどの風俗業界もどんどんイメージがクリーンになってきて
高校生の将来の夢がキャバ嬢だったりすることもあるみたいです。
夜のお仕事、偏見もまだ根強いですが、これからの時代、自分が求められて
輝ける場所に身を置いてみるのも、人生のいい刺激になるかもしれません。
熟女家があなたのお悩みを解決する足がかりになれれば
こんなにうれしいことはありません。

大阪市内から電車でたったの13分!堺東店コンパニオン大募集 熟女家のお仕事を1日体験していただけます!