大阪「熟女家」の風俗求人サイトsp版、性病について

大阪熟女求人サポートセンター
文字サイズをお選びください
0120691094
画面タッチでお電話がかかります。

性病について

1.セックスなどのプレイの前には必ずシャワーを浴びる。 性器、皮膚、口の中など、人の身体には性感染症の原因になる様々な病原菌が付着しています。セックスなどのプレイの前にはお互いに全身を洗い流し清潔な状態にしましょう。
2.コンドームを必ず使用する。 性器の直接の接触を防げるコンドームで、性病の感染を防げる確率が圧倒的に高まります。
3.歯磨きやうがいを徹底する。 口から口、口から性器へと感染する可能性もございますので、歯磨きやうがいを徹底しましょう。ただし、歯磨きで出血した場合などのオーラル(口腔)セックスは好ましくありません。
4.セックス前に排尿や排便をすませる。 便の中に存在する菌やウイルスから性病に感染する場合がございます。排便の後は肛門付近を清潔にしましょう。またセックスをした後は排尿も行いましょう。病原菌を洗い流す効果があり感染予防につながります。女性は排尿を我慢しないことで膀胱炎も防げます。
5.相手の性器をよく確認する。 恥ずかしいかもしれませんが、相手の性器をしっかり自分の目と鼻で確認しましょう。男性の場合、尿道からの膿、性器のイボやブツブツ、尿道口の色が赤いなどの症状、女性の場合は、性器のイボやブツブツ、悪臭などの症状があれば性感染症の疑いがあります。陰毛周辺が痒そうで、頻繁にかいている場合や下着に膿やおりものが付着してゴワゴワになっている場合も注意が必要です。
6.性器を傷つけない、性器に傷がある時はセックスをしない。 伸びすぎた爪や乱暴な器具の使用は、性器の粘膜を傷つける原因になります。傷ついた箇所から病原菌が侵入したり、血液を通して性病に感染する可能性が高くなります。器具を使用する場合は、コンドームをかぶせるなどの注意が必要です。
7.身体を洗って痛がったら注意が必要。 身体を洗った際に、お湯やボディソープがシミて痛がったりする場合には注意が必要です。
8.生理時や体調の悪い時は、セックスを控えましょう。 生理中の女性器はデリケートで傷つきやすく、傷ができると傷口から性病に感染性病にする可能性が高くなります。また、出血した血液から性病に感染をする可能性もあります。さらに、疲れがたまっている時や病気などで抵抗力が低下している場合は、性感染症に感染する可能性が高くなります。疲労時のセックスが引き金になって、既に感染しているけれど症状の出ていないSTD(性感染症)が発症する(症状が出る)場合もございます。
9.屋外でのセックスはしない。 屋内にくらべ屋外は衛生状態が悪く、細菌やウイルスに感染しやすくなります。指や爪が汚れたままでの性行為は、感染の可能性が高くなります。公園、砂浜、車内などでのセックスは慎みましょう。
10.寝具を清潔にする。 不潔な寝具には、感染源となる病原虫がいる可能性があります。寝具はいつも清潔に保つように心がけてください。
11.タオル、カミソリ、歯ブラシを共用で使用しない。 血液による病原菌の感染を防ぐためにタオル、カミソリ、歯ブラシなどの共用は避けてください。
もしかして性病かな?と思ったら
病院に行く

性病には数多くの種類があるので、まずは自分の性病の種類を把握しましょう。性病は放っておくだけで状態が悪化し、最悪不妊症や死に至る場合もございます。また他人にも性病の感染を広げてしまう可能性もございます。病院であれば、適切な処置をしてもらえるので、もしかして性病かな?と思ったら早めに病院に行きましょう。

自宅で検査

性病なんて恥ずかしい、誰にも知られたくない、病院には行きたくない、と思う方は自宅で検査することもできます。性病検査のキットはネットショップやドラックストアなどでも販売をしております。しかしどの性病か判別をし、適切な処置をするためにも病院に行く方をオススメします。

電話 LINE お問合せ 面接 メニュー